普通の事を、ふつうに撮りたい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by クリイロ
 
[スポンサー広告
「ヒッピーに捧ぐ」
DSC_0076yugami.jpg


十代の頃、一音一音聞き込んだアルバム「シングルマン」

その中の数曲に、共感して涙したアルバム。

私の中では「お別れは、突然やってきて・・・」と歌いながら逝ってしまいました。

忌野清志郎さんには、大好きだった自転車を持って行ってほしい。と思いました。

今頃あの世では大騒ぎ。  ”ヤツが来るんだってよ! 」 と。


スポンサーサイト
Posted by クリイロ
comment:4   trackback:0
[未分類

thema:スナップ写真 - genre:写真


comment
No title
今晩は…

僕もクリイロさんと全く同じ経験、
同じ想いを抱きました。

ほんとうに「お別れは突然やってきて…」
ですね。

あちらでも、「ドカドカうるさいロックンロールバンド」
して欲しいです。

清志郎、ありがとう
って気持ちです。






2009/05/03 20:17 | URL | edit posted by ぷんくとぅむ
>ぷんくとぅむさん。
コメントありがとうございます。

がむしゃらに成らなければ、ならなかった頃に見た
サラリーマンのドラマ。
あの歌とドラマに勇気付けられた思い出。 ありがとうです。
2009/05/03 20:43 | URL | edit posted by クリイロ
同感です
自分も10代の頃、RCを聞きまくりました。
時代を捉えた絶妙な歌詞、何度も読み返しました。
清志郎さんの死、ショックです。
最近は聞いていなかったので、明日からしばらく
聞きなおしてみたいと思いました。
2009/05/04 00:14 | URL | edit posted by pyenpyen
Re: 同感です
pyenpyenさん。ありがとうございます。
清志郎さんのことで検索をしたところ
you Tubeでたくさんのヒットがありました。 
いい時代になったなぁ。と思うと同時に
今の若い人に「すげ! いい!」そんな感動があればいいなあ。と思いました。
2009/05/07 21:17 | URL | edit posted by クリイロ
comment posting














 

trackback URL
http://yozefu.blog44.fc2.com/tb.php/82-69e32a6d
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。